CTによるデザインは不確実

今日のインプラントは抜歯後にだいぶ時間がたち骨幅が狭くなった患者さん。

3か月前に一本抜いたところの治りが悪いのでその前後の骨欠損部に計画を立てました。もちろんノーベルガイドです。

設計では、抜歯窩は骨修復が悪く前後は細く拡大しないと難しそうでしたのでその覚悟で開けてみたらびっくり。

抜歯窩にほど近い所に十分な量の骨が存在していました。

で、拡大する必要もなく簡単に入れることが出来ました。

百聞は一見に如かずはインプラント治療にも十分言えるのです。

ガイドを使っても開いて確認いたしましょう。

転ばぬ先の杖。

デンタルコラムDentalcolumn